2009年04月07日

【q】abc -Last Dance- 1【参戦記】

東海道を往く車内にて、思う。

なるように、なる。
むしろ、なるようにしか、ならない。

色々あったけど、これで最後だ。
楽しもう。

-あと2日-

OUQSで対策会。濃密な時間を過ごす。
調子も上がってきている。

-あと1日-

Aにお邪魔させてもらう。
前半は調子が悪かったが、コース選択の妙で準決勝までは行く。
OUQSから3人が準決勝に進んだのはGJ。
あとTerashimaさんが強かった。焦った。

-あと0日-


A.M.6:00
いつもより早く、目が覚める。
澄みきった、感覚。

直前にオープン使用問題を見直しながら最終調整。
右手でPC。大会長として、オープンと被った問題を落とすわけにはいかぬ。
左手でボタン。「可否茶館」とかを正解する。実はこの時点で読み方が曖昧。「かひちゃかん?かひさかん?」


会場へは前日にチャーターしたタクシーで向かうことに。うちにはMs.タクシーがいるので、当然といえば当然か。
車中でEQIDENの作戦について伝令。まあ「押せばおk」程度の内容なのだが。

会場。既に多くの人が。
えーこりんのコスが誰なのか分からず。ここまではまあいいとして、中国部長までが分からないという。一抹の不安。
不安を感じるタイミングが絶対間違ってるよね。


会場はほぼ最前列。ウォッチャーとしても嬉しい限り。
休憩中BGMは藤な人的には空耳RUSHのようで。富・士・山。



「This... is the longest day of my life」


空気が、変わる。
始まりの合図。


ところが、今年は様子がおかしい。
司会が現れないのは問題じゃない。とにかく、始められる空気になってない。(受付がオーバーフローしたというのを知ったのは、ずいぶん後だ)
程なく、5分順延が知らされる。

ふと、状態を確かめる。
「今年は気楽にやる」と公言していた自分でさえ、足が震えるのが分かった。
きっと今日のために燃えている人達なんかは、意識を保つのがやっとの人もいるんじゃないか、と思う。事実、去年の自分がそうだった。
ともあれ、4つ打ちのBEATにリズムを合わせて、緊張を誤魔化していく。


「ペーパークイズ、スタート!」
【関連する記事】
posted by YUU at 16:43| Comment(0) | abc7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。