2006年05月01日

A.B.C.-D.E.- Postscript "True message"

本編もよろしく。あとがきと銘打っておきながら、かなりの長文になりそうな気配・・・。

それはともかく、2回目です。
今日は本編の内容について斬り込んでいく予定。


・当初の構想

最初は大会名や登場人物も全部架空のものにして書くつもりでした。
タイトルの「A.B.C.」の表記が大文字だったりピリオドが入ってたりするのはその名残(ペーパ−100問目)。
またTurn Overのときに学年表記が
「YEAR」ではなく「GRADE」になっているのも・・・それは単なるミスです。

記憶頼りならともかく、実物を手にしときながら間違えるとか
ぶっちゃけ あ り え な い ☆
結局登場予定人物があまりに多かったため偽名を考えるのが面倒になり、断念。
実際にはそんなに多くなかったですけど。

・Special Edition "My memory"

本編についていろいろ。
基本的に本編の展開は、執筆時に思い付きで書いてます。
最初と最後は書く前に決めましたが。
で、その最初の方。

・Prologue
Prologueの時点で我が身を案ずるお便りが届きました。
心配かけた方々、申し訳ございません。俺は大丈夫です。

・#1〜#3
サブタイトルに注目してほしい。
頭文字をつなげると「ABC」となる。
当然、狙っていた。
#1がAだったことから偶然思いついた。Bは容易にひねり出せたが、Cがなかなか思い浮かばず。
これに気づいてた方って、どれだけいるのかしら。
こういう所謂「言葉遊び」の要素はこれ以後もよく登場するよ。
っていうか俺の文章を構成する重要な要素の一つ・・・かな?

・#4〜#6
電車の中だけで3話。しかもそのうち1話は心理描写のみ。
焦らし過ぎですよね。

・#7〜#8
またサブタイトルで遊んでます。
押韻は多用しますね。ほんとに。
ラップには明るい方じゃないんだけどね・・・HIPHOPとか全く聞きませんし。

・#9〜#11
微妙に4月1日ネタも織り交ぜて。
もうちょっとこの日のことは詳しく書きたかったんですけどね。
全体の流れのことも考えて、泣く泣く断念。

・#12〜#21
大会当日については、次回詳しくやることにします。

・#22〜Epilogue
全部創作です、とだけ言っておく。
ここに限らず、本編中の心理描写はほぼ全部執筆時に考えてますよ。
大体あの舞台上でそんなこと考えてる余裕ない(ぉ


・真に伝えたかったこと

何なんでしょうね。当日の記録としてはあまりにもお粗末すぎる(汗
今思うと、読んでくれた皆さんの「記憶」の片隅に、自分を刻み付けたかった。そういう理由だと思います。
「こんなにシリアスになって、命を懸けて
abcというクイズ大会に取り組んだ馬鹿がいた」
そんな奴のことを覚えておいてほしいんだと思います。
僕自身、こんなこと考えて大会に挑むのはきっと今回限りのはず(ぉ
次回は、また別の気持ちを抱いて闘いに臨むのでしょうけど。

2限が休講になったため、大学のPCからちまちま打ってます。
そろそろ3限が始まるのでこの辺で。次回は大会当日について書きます。
posted by YUU at 13:04| Comment(2) | TrackBack(0) | abc4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
激安 <a href="http://www.cleasilyjp.biz/" title="ジミーチュー パンプス">ジミーチュー パンプス</a>
Posted by ジミーチュー パンプス at 2013年07月20日 15:31
通販 靴 クリスチャンルブタン 日本 http://www.clechojp.biz/ [url=http://www.clechojp.biz/]クリスチャンルブタン 日本[/url]
Posted by クリスチャンルブタン 日本 at 2013年07月23日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。